麒麟芸術 of 内田麒麟(佳宏)<Uchida Kirin> web site



HP studio Deep Forest.jpg




印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


内田麒麟(佳宏)<Uchida Kirin> web site Last Updated 2021-09-05

芸術活動団体『麒麟藝術』誕生!

自然や様々な芸術活動とのコラボレーションを実現させ、内田麒麟の作品や世界観とともにイノベーションを創造していく団体として『麒麟藝術』が誕生しました。


音楽って、、

焚火と音楽サムネイル1.png焚火と音楽 PV ↑ (youtubeリンク)
これはぼくの音楽哲学になりますが、音楽は音楽単体としていついかなるとき、どのような環境にあっても充分人に伝わるものとはどうしても思えません。元来原始の時代には、火を囲み、物を叩き、声を上げて踊る、そのようなものから音楽は脈々と受け継がれてきたのではないでしょうか。いつのころからか音楽が一人歩きを始め、必然的共感、あるいは空間との調和といった、人の中から自然とわいて出る音楽、それとその場にいる人とが自然と結びつくという、純粋にコミュニケーションとしての役割からかけ離れていってしまっているように感じます。

きっかけは、、

スクリーンショット 2021-08-22 14.14.52.pngその時のムービーはコチラ↑(youtubeリンク)
森の中で数人で焚き火を囲む中、衝動的にバッハの無伴奏チェロ組曲第2番の『サラバンド』を演奏したことがきっかけでこの考え方は確信にかわりました。その曲しか全く弾く気が起こらなかった、その曲をただそこにいる人たちと共有したかったというあの感覚は『音楽って本来そういう物だよな、、』とぼくに確信を与えました。音楽を単体として観賞、評価するのではなく、その場の環境と究極的に調和する音楽を選び、あるいは創作し、共感する。そのような場の創造、あるいはそれが伝わるような映像作品を世界に発信していき、あの時のあの感覚を皆で共感したい、という思いで麒麟藝術は設立されました。

想像してみてください。夜、富士山麓のキャンプ場で焚き火に照らされる中、静寂の中に聞こえてくる木々の僅かなざわめき、虫の音、森の空気と匂い、焚き火の弾ける音、そこに調和する音楽が奏でられる空間。それはまさに感情を超越した大自然との調和の体感であり、原始から受け継がれてきた音楽の本来の姿を見ることができるでしょう。


日本には世界に誇る美しい景色、美術が存在します。
景色や自然現象だけでなく、インスピレーションを働かせて物作りをする様々なアーティストたちとの、直感的なセッションも含め、『調和』『共感』『温故知新』をテーマに様々な活動を行っていきたいと思います。


内田麒麟の作品を世に

CLASSICAL PV short サムネイル2.jpg1st Album ジャケットデータ(佳宏) for NAXOS.jpg
また麒麟藝術は作曲家としての自身の作品を発信していく場も創造していきます。みなさまの応援、よろしくお願いいたします!

1st Album 『HEAVEN』naxos

2nd Album 『CLASSICAL』naxos

CLASSICAL PV
CLASSICAL PV1 サムネイル.jpg




団体代表:内田佳宏
団体副代表:小泉雄士